107件中  12件表示  <2536>
2018/08/07
8 月で日本は戦後 73 年。しかし世界では今も土地、エネルギー、モノな ど様々な資源をめぐり暴力的な紛争が続いています。

2016 年末には、世 界の難民・避難民は 6500 万人以上と過去最高に。紛争に人々を動員する 理由付けとして、人種、国籍、文化など様々な「他者」への敵対心、優劣 感情…続きを見る
2018/06/20
泳いだり、ダイビングをしたり。花火をしたり、釣りをしたり。

夏の楽しみに海は欠かせません。
しかし、美しく見える海岸も、よく見るとあちらこちらにたくさんのゴミが。
今や日本の海岸には年間約30 ~ 60 万トンのゴミが漂着し、景観を汚すばかりではなく、鳥や魚、ウミガメなど、多くの生物の生命…続きを見る
2018/05/17
何となく人と関わることに疲れる。
もっと頑張りたいのに、うまくいかない。

そんな漠然とした「生きづらさ」を抱え、暮らしている人が増えています。当たり前とされるイメージや役割から解放され、そのままの自分でいいと思える"居場所"を、家庭や学校、職場以外に見つけたい。

でも、それができなかっ…続きを見る
2018/04/18
ゲストトークで社会課題に触れる月1企画「十思カフェ」。

2018年度は<SDGs(持続可能な開発目標)>の各目標をローカライズした企画をお届けします。vol.2は【目標3:GOOD HEALTH AND WELL-BEING(健康と福祉)】。

2 人に1 人が「がん」にかかる時代。しかし…続きを見る
2018/03/22
ゲストトークで社会課題に触れる月1企画「十思カフェ」。

2018年度は<SDGs(持続可能な開発目標)>の各目標をローカライズした企画をお届けします。vol.1は【目標2:ZERO HUNGER(飢餓をゼロに)】。

ゲストは、飢餓のない世界を創る国際協力NGOハンガー・フリー・ワールド。…続きを見る
2018/02/20
【3月のテーマは「男女の格差」】
毎年3月8日は国際女性デー。性差別をなくし女性の地位を向上をめざそうと、1975年に国連が定めた日です。世界各国で様々なイベントが行われています。教育・経済・政治・健康の分野での男女の格差を示す「ジェンダーギャップ指数」は、世界144カ国中114位と過去最低を更新…続きを見る
2018/01/24
働きやすい環境づくりや人材不足に頭を抱える企業。その一方で多様化する市場ニーズへの対応やダイバーシティ推進の観点から、外国人や障がい者、LGBTsなど、多様なメンバーが活躍する組織・チームが増えています。状況や立場が違っても、相手の気持ちに立って考えることで、当事者・一緒に働く人の双方が安心できるコ…続きを見る
2018/01/15
【1月は日本橋室町で開催!テーマは子連れ防災×地域の居場所活用】
1/24(水)10:30~12:30の十思カフェは日本橋室町の「チルドリンカフェ」で開催します!テーマは子連れでの被災と地域の居場所を活用した物資調達の仕組みづくり。お申込受付中。関心のある方、ぜひご参加ください!
-----
続きを見る
2017/11/18
日本や世界各地でアートフェスティバルが開かれています。まちにアートが加わると、日常に埋もれていた価値が見直されたり人と人との新たなつながりが生まれ、それがパワーとなって「まち」が注目されると言われています。そこで今回は、日本橋小伝馬町界隈でアートのまちづくりを行うアート・オウトノミー・ネットワーク理…続きを見る
2017/10/27
毎月一回開催している、どなたでも参加できる十思カフェ。地域のことや社会のことを、お茶を飲みながらおしゃべりするカジュアルカフェです。個々を通じて仲間もできる、来るたび新しい気づきのある空間です。

第77回のテーマは

”自分で食べられるしあわせ”

病気や高齢による要介護は避けては通れぬ話だけれど、飲んだり食べたりが難しくなって、外食したりスナックで一杯やったりするのを諦めてしまうのは悲しいこと。そこで今回は、そうした人たちがふらり立ち寄り、悩みを打ち明け、美味しいものを楽しむ「kaigoスナック」を営む冨山真純さんがゲスト。欲を持って生きることの大切さを伺います。介護食=まずいと思うことなかれ!当日はお料理を囲んでの開催です。介護食の概念、変わります!


日 時:1130日(木)18:3020:30
会 場:協働ステーション中央(中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階)
参加費:無料
申 込:協働ステーション中央へTEL orメール でお申込みください。
    【当日参加も可能】【途中入退場自由】


【ゲストプロフィール】
冨山 真純さん(kaigoスナック、地域デザインナース)
 千葉県生まれ。訪問診療・内科消化器外科混合病棟にて看護師として勤務。その後、大手介護施設のデイサービス管理者やエリアナースとして在宅療養ターミナル患者の受け入れを積極的に行う。高齢者、障害者で食べることに悩む人、支える人が共に幸せに生きる形を潜在看護師が地域で活躍出来る場創りとして「kaigoスナック」を開催している。
No Image
2017/09/23
毎月一回開催している、どなたでも参加できるカフェです。地域のこと、社会のこと・・・ どんな小さなことでもお茶を飲みながらおしゃべりしませんか? 毎回、新しい「気づき」がある空間です。

10月の第76回十思カフェのテーマは

「学校に行きたくない」に隠された本当の気持ち~子どもの逃げ場を残せる大人の接し方~

友だちとうまくいかない。勉強が分からない。学校に行きたくない― ―。安心して居られる場所を探す子どもたちがいる一方、学校に行く ことをつい強いてしまう大人たちがいます。フリースクールや通信制 など、学ぶ場所や方法が増えてきましたが、子どもへの接し方や適切 な環境の見極めなど、不登校との向き合いに不安を覚える人は少なく ありません。そこで今回は、創立33 年のフリースクール「東京シュー レ」理事長・奥地圭子さんを迎え、「学校に行きたくない」子どもの 気持ちや安心できる居場所、接するうえで大切なことを伺います。


日 時:10 17日(火)10:3012:30
会 場:協働ステーション中央(中央区日本橋小伝馬町5-1十思スクエア2F)
    東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分
参加費:無料
申 込:協働ステーション中央へTEL orメール でお申込みください。
    【当日参加も可能】【途中入退場自由】


【ゲストプロフィール】
奥地 圭子さん(NPO 法人東京シューレ理事長)
  1963 年から22 年間、東京・広島で公立小学校教員。わが子の登校拒否から深く学び、親の会「登校拒 否を考える会」を始め、学校外の子どもの居場所・フリースクール「東京シューレ」を開設。親の学び合いやフリース クール同士の連携、全国不登校新聞社をNPO で立ち上げるなど、不登校支援について全国的な活動も展開。多様な学 び保障法を実現する会共同代表、フリースクール全国ネット代表理事、文部科学省「フリースクール等に関する検討会 議」委員、東京都 「不登校・中途退学対策検討委員会」委員(~ 2016 年)。 http://www.shure.or.jp/
2017/08/20
月1回、誰でも自由に参加できるカフェを開催しています。 地域のこと、社会のこと、お茶を飲みながら話しませんか? 毎回新しい「気づき」がある空間です。

9月の第75回十思カフェのタイトルは

ピュアな赤ちゃんの笑顔で
世の中をいっぱいにする
「赤ちゃんの笑顔で地域貢献」


生まれてから100 日、ようやく赤ちゃんに表情が出てくる時期。初めての笑顔を 撮り続けて10 年、3500 名を超える笑顔をホームページで公開しています。その 舞台は、日本だけでなく世界へも。この笑顔をみて元気になる人を増やしたい! 一つでも多くの笑顔をとどけ、世の中を笑顔でいっぱいにすることを目指しています。そこで今回は、プロジェクト・スマイリングベイビーの堀口マモルさんをゲストに、赤ちゃんの笑顔で地域に貢献する活動をご紹介します。当日は親子撮影会も予定していますので、この機会に奮ってご参加ください。

日 時:915日(金)12:3014:30
会 場:協働ステーション中央(中央区日本橋小伝馬町5-1十思スクエア2F)
    東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分
参加費:無料
申 込:協働ステーション中央へTEL orメール でお申込みください。
    【当日参加も可能】【途中入退場自由】


【ゲストプロフィール】
堀口 マモルさん(NPO 法人プロジェクト・スマイリングベイビー 代表)
1978 年渡米。著名広告写真家のアシスタントを経て、1984 年ニューヨーク・マンハッタンに堀口マモル写真事務所を設立。ダンサー写真シリーズ「1/8 の瞬間」を機に作家活動に入る。その後、パリ、ミラノ、上海、東京に拠点を構え、国内外での展覧会開催。2008 年スマイリングベイビーの活動開始。 http://www.smilingbaby.jp/
107件中  12件表示  <2536>
page top