107件中  12件表示  <1324>
2019/07/24
2018 年度の受動喫煙による死亡者数は、約15,000 人。交通事故死の3倍以上の数でした。たばこによる社会的損失は、病気・介護・火災など多岐にわたり、その額も2 兆5000 億円(2015 年度)にのぼります。

健康増進法の改正で学校や病院などの屋内は全面禁煙に、東京オリンピック・パラリン…続きを見る
2019/06/20
※定員に達したため、申込を締め切りました。お申込みありがとうございました。

2025 年、介護人材は37.7 万人が不足すると言われています。その一方で中小企業の多い介護事業者は、自社だけで育成できず、採用や定着につながらない実情も。そこで今回は「KAIGO LEADERS」を運営する株式会社…続きを見る
2019/05/16
複雑な社会課題の重要性をどのように伝え、共感を生むか。多くの団体が直面する悩みですが、時に映像が大きな力になります。今回、様々なテーマでドキュメンタリー作品を手掛けてきた映像作家の宍戸大裕さんをゲストにお招きし、団体と映像制作者、さらには資金提供者など様々な主体の協働で映像作品が作られていくプロセス…続きを見る
2019/04/30
「多様性」が提唱される一方で、1948年から1996年まで旧優生保護法下で障がいのある人たちに強制不妊手術が行われてきました。その数50年間で約25,000人。学者・士業・NPOなどによる長きにわたる問題提起、2017年からのメディアによる記事掲載を経て、2019年に強制不妊救済法が成立し、救済策を…続きを見る
2019/03/24
農業や若者の就労支援などITが社会課題解決のツールとなりつつある今。

今回は、その可能性を探るべく、(株)KDDIウェブコミュニケーションズ(以下KWC)の宋珠憲さんがゲスト。KWCは、クラウド型ホームページ作成ツール「Jimdo」やデザインツール「CANVA」を提供しています。また、自治体や…続きを見る
2019/02/25
東日本大震災から8年ーー。原発事故の影響等から、作付けされなくなった農地が増えています。その一方で、そうした耕作放棄地を活かして地域を再生する取り組みもさかんになっています。
今回のゲスト・銀座ミツバチの田中淳夫さんは、福島県福島市初の農地による太陽光発電「ソーラーシェアリング」を実施。再生可能エ…続きを見る
2019/02/05
一人ひとりが違うこと。それが社会の当たり前になれば、もっと生きやすくなる――。そうした理念を、教育を通じて子どもや保護者に実践するユニークな小学校教員がいる。

教室にアロマを香らせ、男の子もアロマを楽しめる環境を作ったり、「女子力って言葉がいやだ!」という女の子の言葉をきっかけに、みんなでジェ…続きを見る
2018/12/21
※受付を終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

障がいがあっても働きがいある自分らしい仕事をしていたい。
なのにどうして障がいがあるというだけで、それが難しくなってしまうのか――。

今回は「障がいと働きがい」について考えます。
ゲストは人を通して障がいを識(し)るフ…続きを見る
2018/12/04
12 月は贈り物の季節。最近では持続可能な社会の実現に貢献する商品を選ぶ人も増えています。フェアトレードもその一つ。そこで今回は、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会をゲストに迎えます。

シャンティは、アジア諸国の少数民族・農村の女性たちによる刺繍や織り技術を活かした商品を日本で販売。適正…続きを見る
2018/11/02
※本イベントのお申し込みは締め切らせて頂きました。ご参加をご希望の方は、キャンセルが出次第のご案内となります。

大多数が中流と言われた時代も今は昔。ワーキングプアやひとり親世帯の貧困など、誰しもが貧困と隣り合わせであると言われています。生活を立て直そうと仕事を見つけても連帯保証人がいなければ住…続きを見る
2018/10/02
今、東東京が熱いらしい。歴史や伝統の残る下町に若手クリエイターが集い、まちが活気を取り戻しつつあるという。その一角・小伝馬町周辺でも、次々にユニークなイベントやショップが生まれている。人が集い活動が生まれる「まちなか」を、どんなふうに面白くしていけるのか――。今回は、まちづくり会社ドラマチック代表の…続きを見る
2018/08/21
6割の女性が我慢を強いられていると言われるセクハラ。
Metoo運動の広がりで被害経験を告白する動きがある一方、男女の認識の差からコミュニケーションに戸惑う人も少なくありません。

社員のモチベーション低下は企業にとって大損失。なのになぜセクハラはなくならない?

そこで今回は、2名の記者…続きを見る
107件中  12件表示  <1324>
page top