【参加者募集中】保育園をまちにひらき 地域で子どもを育てる ~地域の企業・団体・クリエイターの協働事例から 子どもが住み続けられるまちづくりを考える~十思カフェvol.135

中央区では2006 年からの10 年間で住宅用地の割合が8.1%増加、それに伴い年少人口も増加傾向、2029 年には年少人口比率が15.3%まで伸びると推定されています*。再開発が進み新しい住民が増えることでコミュニティの在り方も変容する中、地域で安心して子育てできるまちづくりが期待されています。今回は同じく再開発が進む横浜市関内エリアで、企業主導型保育施設「ピクニック・ナーサリー」を運営する株式会社ピクニックルームをゲストに迎え、地域の企業とNPO、街中のクリエイターとの協働による保育事業の展開事例を伺います。事業が地域にもたらした変化と可能性を知ることで、中央区の保育事業や地域コミュニティの未来に必要な取り組みは何かを考えます。 
* 中央区「中央区住宅マスタープラン(令和元年10 月)」より








【日 時】2/21(火)19:00 ~ 21:00
【会 場】協働ステーション中央
【定員】20名(事前申込制、定員になり次第締切)
【参加費】無料

【お申込】以下(1)〜(3)の方法で申込み
(1)申込フォーム https://bit.ly/cafe-135
(2)電 話:03-3666-4761
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp

【ゲスト】
後藤 清子さん (株式会社ピクニックルーム代表取締役)
株式会社ピクニックルーム代表取締役。2017 年にピクニックナーサリー(企業主導型保育)を開所。子育て支援を人材育成の観点からとらえ、子ども、保護者、家庭、そして地域と連携しながら〝楽しく生きる未来”を考えることをテーマに横浜関内エリアで事業を展開している。picnicroom.co.jp

【十思カフェとは】
月 1 回、地域課題の解決や新しい価値の創出に取り組むゲストを迎え、活動事例を通して効果的な協働のあり方を探るイベント。新たな気づきやつながりが生まれています。

※新型コロナウイルス感染の状況により内容や開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。
※また、感染予防対策のため、参加の際は事前の体調確認・手洗い・マスクの着用等ご協力をお願いします。

【問合せ】協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top