【2022年度交流サロン】協働の一歩を はじめる交流会—中央区の未来をより良くしていくためにお互いを知り、できることを考える—

中央区は良き伝統を残しつつも、 近年高層マンションの増加などにより新たに区内に住む人の増加、また年少人口の上昇など社会状況も刻々と変化しています。 そのような中、 NPO ・企業 ・ 市民など、多様な活動主体が社会変化に伴い発生する課題解決に取り組んでいます。 今回のイベントでは社会課題に対しNPO と企業がどう協働できるかを考えるべく活動意義などを理解し、 自分たちが持つ
リソースやスキルをお互いにどう活かせるのか、 中央区での協働への一歩を考える機会とします。












【日時】12月2日(金) 19:00~21:00

【内 容】
 1.ゲストトーク(話題提供):NPOと企業の協働事例を知る
  光原 ゆき氏 (NPO法人キープ・ママ・スマイリング理事長)
  中村 紫貴氏 (ピジョン株式会社 経営戦略本部 サステナビリティ推進室)

 2.ワークショップ:協働にあたっての相互理解

【開催場所】協働ステーション中央
     (中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階)

【定 員】30名(事前申込制、定員になり次第締切)

【対 象】地域や社会の課題を解決する事業をしている団体・企業・個人
     異なる組織と協働で事業をしたい団体・企業・個人

【参加費】無料

【お申込】以下(1)〜(4)の方法で申込み
(1)申込フォーム https://bit.ly/ksalon_221202
(2)TEL:03-3666-4761
(3) FAX:03-3666-4762
(4)E-mail:info@kyodo-station.jp

※(2)~(4)の方法で申込む方は下記を添えてお申込みください。
※交流用に①③⑤は参加者間で共有します。
 ①お名前
 ②メールアドレス
 ③ご所属
 ④電話番号
 ⑤参加動機
 ⑥団体の運営や連携・協働に関する悩みや困りごと知りたいこと等
 ⑦現在取組みを検討されている社会課題の分野があれば教えてください

【ゲスト】
光原 ゆき氏 (NPO法人キープ・ママ・スマイリング理事長)
一橋大学卒業後、株式会社リクルートにてウェブメディアプロデュース・人事業務に従事。先天性疾患を持つ次女を育児休暇中に亡くした経験から、2014年11月にNPO法人キープ・ママ・スマイリングを設立。子どもの早期回復のために付き添い家族の心身の健康は大切との思いから、入院中の子どもに付き添う親への支援を行っている。小児病棟の付き添い環境の改善、及び病気や障害のある子どもを育てる親が笑顔でいられる社会を目指して活動中。 NPO法人キープ・ママ・スマイリング ホームページ https://momsmile.jp/

中村 紫貴氏 (ピジョン株式会社 経営戦略本部 サステナビリティ推進室)
2018年ピジョン株式会社入社。サステナビリティ推進室にて社内のESG活動推進業務を担当。2021年、ピジョンの存在意義である「赤ちゃんをいつも真に見つめ続け、この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にします」を実行に移すため、社員のボランティア休暇制度を活用した企業主導型ボランティア活動を企画・立案。第1回目の活動として、NPO法人 キープ・ママ・スマイリングが実施する「付き添い生活応援パック無償配布」事業の支援を開始。現在、中央区やNPO団体と協働し、ママ・子ども・環境に対するボランティア活動を継続的に実施している。

【問合せ】
協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top