【参加者募集】事業の効果を測り信頼に繋げる仕組みづくり ~団体に聞く事業の価値の知り方・伝え方~十思カフェvol.123

日本の子どもの 7 人に 1 人が貧困状態にある中 *、保護者の経済状況によって生まれる教育格差に加え、いじめ件数や不登校の子どもの増加など、子どもたちを取り巻く学習環境は深刻化しています。ゲストの認定NPO法人キッズドアでは、すべての子どもたちが将来の夢と希望を持って成長できる社会をめざし、困窮子育て家庭への学習支援を行なっています。行政との協働や自主事業の拡大などによって活動を広げており、その組織内外からの信頼の要因の1つには事業評価がありました。今回は団体がめざす社会実現に向けた事業の発展を可能にする、目的達成のための指標づくりや活用法、事業の内部評価の実践法など、事業評価のメソッドとその効果を紐解きます。
* 厚生労働省「2019 年 国民生活基礎調査」より

【日 時】2/17(木)18:30 ~ 20:00
【会 場】協働ステーション中央
【定 員】15 名(事前申込制、定員になり次第締切)
【参加費】無料


【お申込】以下(1)〜(3)の方法で申込み
(1)申込フォーム https://bit.ly/jcafe-123
(2)電 話:03-3666-4761
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp

【ゲスト】
松見 幸太郎さん(認定 NPO 法人キッズドア 事務局長)
認定 NPO 法人キッズドア理事長渡辺の活動に共感し、現在は NPO 法人キッズドアで事務局長および教育支援事業部統括としてキッズドアの運営全般に関わる。またキッズドアの姉妹団体認定 NPO 法人キッズドア基金の代表理事を兼務。

菊池 杏奈さん(認定 NPO 法人キッズドア 教育支援事業部コーディネーター) 大学卒業後、新卒にてキッズドアに入社。中高生向けの学習支援事業の運営を経て高校生向け居場所支援事業の立ち上げを担当。事業運営全般を担う傍ら、子どもに携わる現場職員として事業の評価指標策定にも携わる

※新型コロナウイルス感染の状況により内容や開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。
※また、感染予防対策のため、参加の際は事前の体調確認・手洗い・マスクの着用等ご協力をお願いします。

【十思カフェとは】
月1 回、地域や社会の課題解決を実践するゲストを迎え、活動紹介を通じてさまざまな角度から「協働」を考えます。このイベントから新たな気づきやつながりが生まれています。

【問合せ】協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top