開催中止:福祉施設と企業の協働の取り組み ~企業と協働し、障がい者の個性と能力を活かす仕事を増やす~十思カフェvol.114

――――――――――――――――――――――――――――
緊急事態宣言の延長を受け、
5月31日(月)までの対面イベント「中止」の措置に伴い、
本イベント開催は中止になりました。何卒ご了承ください。
――――――――――――――――――――――――――――

日本で、雇用先があれば働ける障がい者の数は、約377 万人(18~65 歳未満)います。しかし、民間企業の雇用は約 58 万人で、全体の約2割しか働く機会に恵まれていません。( 厚労省: https://bit.ly/2Qb5kEN)今、企業や地域における障がい者のインクルーシヴ ( 社会的包摂)な働き方は、どうしたら実現できるのでしょうか。
今回の十思カフェは、障がい者ひとりひとりの個性と能力を活かし、企業の現場で戦力とされる仕事づくりを、全国数十社の企業と協働で進め、障がい者の新しい仕事を実現させた兼子文晴さんがゲスト。企業への提案や営業、事業づくりなど民間企業との協働のノウハウについて学びます。

※新型コロナウイルス感染の状況により内容や開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。
※また、感染予防対策のため、参加の際は事前の体調確認・手洗い・マスクの着用等ご協力をお願いします。

【日 時】】5/20(木)18:30 ~ 20:00
【会 場】協働ステーション中央
【ゲスト】兼子文晴さん(ミンナのミカタグループ 株式会社ミンナのシゴト 代表取締役社長)
【定 員】15 名(事前申込制、定員になり次第締切)

【お申込】以下(1)〜(3)の方法で申込み
(1)申込フォーム http://bit.ly/jscafe-114
(2)電 話:03-3666-4761
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp

【ゲスト】
東京都大田区生まれ。会社在職中にうつ病発症。リハビリ中に知った障がい者雇用の現状をよりよくしようと、栃木県鹿沼市で【ミンナのミカタぐるーぷ】を起業。障がい者が企業の戦力になれる日本の創造を本気で目指している。ミッションは、【日本から障がいという言葉と概念を無くし全国800万人のミンナのミカタになること】https://minnanomikata.com/

【十思カフェとは】
月1 回、地域や社会の課題解決を実践するゲストを迎え、活動紹介を通じてさまざまな角度から「協働」を考えます。このイベントから新たな気づきやつながりが生まれています。

【問合せ】協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top