【参加者募集】日本の伝統技術を活かし、ファッションの世界市場に挑戦する ~技術継承と作り手の自立支援を両立する協働の取り組み~

大量生産・大量消費による衣料廃棄やコロナによる実店舗の経営難などの課題に直面するファッション業界。他方で日本のものづくりは、伝統工芸品の生産額が40 年前と比べ約1/5 にまで落ち込んでいると言われます。世界市場とも密接な関係にあるこの業界で、日本の伝統をどう伝えられるのかーー。
そこで今回は、地域の伝統技術を活かし服づくりを行うブランド「KUON(クオン)」を手がける藤原さんがゲスト。襤褸(ぼろ)や裂織、刺し子などの技術を持つ団体と協働し、作り手の自立支援にもつなげています。ファッションを手段とした課題解決の仕組みと、企業からみた協働事業の運営ポイントを伺います。


※新型コロナウイルス感染の状況により内容や開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。
※また、感染予防対策のため、参加の際は事前の体調確認・手洗い・マスクの着用等ご協力をお願いします。




【日 時】12/22(火)19:00 ~ 21:00
【会 場】協働ステーション中央
【ゲスト】 藤原 新(株式会社MOONSHOT 代表取締役社長)
【定 員】15 名(事前申込制、定員になり次第締切)

【お申込】以下(1)〜(3)の方法で申込み
(1)申込フォーム http://bit.ly/jcafe-109
(2)電 話:03-3666-4761
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp

【講師プロフィール】
デザインによる社会的課題の解決に取り組むことを理念としたメンズブランド「KUON」創業者。「新しいものは古くなるけれど、美しいものはいつまでも美しい」をコンセプトとしたコレクションを展開する。2011 年「1sin」を立ち上げ、2016 春夏シーズンより新たに石橋真一郎をデザイナーとした「KUON」をスタート。日本伝統の技術を用いたメンズウエアを提案し続ける。https://www.kuon.tokyo/

【十思カフェとは】
月1 回、地域や社会の課題解決を実践するゲストを迎え、活動紹介を通じてさまざまな角度から「協働」を考えます。このイベントから新たな気づきやつながりが生まれています。

【問合せ】協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top