【参加者募集】病児に付き添う家族を「食事」で支える協働の取り組み ~長期入院に伴う課題を病院・企業と解決する~十思カフェVol.106

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、内容や開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。
また、感染予防対策のため、参加の際は事前の体調確認・手洗い・マスクの着用等ご協力をお願いします。

---------------------
入院する子どもは全国で約27.5 万人。医師や看護師が不足するなか、泊まり込みで看病する家族は少なくありません。
しかし、ベッドやシャワーがなかったり、食事もままならなかったり、その環境は想像以上に過酷だといわれます。支える家族も、共働きやひとり親など、課題はさまざま。感染症の影響による面会制限など、新たな課題も発生しています。キープ・ママ・スマイリングは、そうした家族の「食事」を支援する事業を展開。聖路加国際病院や全国の小児病棟と連携し、お弁当や独自開発した缶詰を届けています。
今回は他組織との連携で、中央区発・全国に波及した取り組みについて伺います。



【日 時】9/24(木)19:00 ~ 21:00
【会 場】協働ステーション中央
【ゲスト】光原ゆきさん(NPO 法人キープ・ママ・スマイリング理事長)
【定 員】15 名(事前申込制、定員になり次第締切)

【お申込】以下(1)〜(3)の方法で申込み
(1)申込フォーム http://bit.ly/jcafe-106
(2)電 話:03-3666-4761
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp

【講師プロフィール】
先天性疾患を持つ娘を育児休暇中に亡くした経験から、2014 年に当団体の前身となるNPO 法人を設立。理事長を務める傍ら、企業でウェブメディアのプロデュースや人事・ダイバーシティ推進に従事。
2018 年より当団体の活動に専念し、病児や発達がゆっくりな子どもを持つ家族を応援する活動に取り組む。http://momsmile.jp/

【十思カフェとは】
毎月、社会課題を解決したり協働を実践したりしているゲストのプレゼンから、地域や社会の問題を知り、新しい気づきやつながりを生み出すイベントです。

【問合せ】
協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top