受付終了【8/3(土)開催】パブリックスペースに つながりを生み出す プロジェクトのつくり方

※定員に達したため、申込を締め切りました。お申込みありがとうございました。

------------------------------
今、都市化が進むまちで人々のつながりを取り戻そうと、地元企業や行政・NPO・市民が連携し、パブリックスペースを活用した取り組みを始めています。

公道でカフェを開いたり、駅前空間を活用したりすることで、通り道だった場所に交流が生まれ、地域の課題解決や主体的な市民参加にもつながっています。
一方、人々が愛着を持つことができる空間をまちに生み出すには、息の長い取り組みが必要です。

そこで今回は、こうした考え方をもとにした大小さまざまな事例から立ち上げの過程や仕組み、主体間のコーディネートの仕方を学びます。地域と関わるきっかけを探す団体、企業にもおすすめです。





【日 時】2019年8月3日(土)10:30~13:00
【対 象】・区内在住、在勤、在学者
     ・パブリックスペース活用やエリアマネジメント、地域のコミュニティづくりに関心がある方
     ・協働での地域の課題解決に関心がある方!
【会 場】協働ステーション中央 会議室
    (中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2F)
【申込み】
※定員に達したため、申込を締め切りました。お申込みありがとうございました。

下記の(1)~(3)で協働ステーション中央まで申込み。
(2)(3)で申込む際は、氏名(ふりがな)・年代・所属・区内在住,在勤,在学の別・連絡先(TEL,FAX,E-mail)、参加動機、パブリックスペース活用や協働に関する悩み・困りごと等をお知らせ下さい。
(1)お申込フォーム:
(2)お電話:03-3666-4761
  (協働ステーション中央/月曜を除く10:00~19:00)
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp(協働ステーション中央)

【定 員】20名
【参加費】無 料

【内 容】
 講 義
 継続的にパブリックスペースを活用し
 異なる主体と課題を解決することで、地域にどんな変化が生まれるのか-。
 歴史や考え方、エリアマネジメントの事例を交えながら、
 関わる主体のコーディネート方法や地域に定着する場の作り方も学びます。

 ワークショップ
 パブリックスペースを活用してどんなまちを創りたいか、
 また自団体がその中で担える役割について考えます。

 懇親会
 講師や参加者との情報交換の機会。連携のきっかけづくりにも活用できます。

【講 師】石田 祐也氏
    (建築家/株式会社ヌーブ/一般社団法人ソトノバ共同代表理事)
1988年三重県生まれ。2011年東京大学工学部建築学科卒業。2013年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。同年株式会社ヌーブ一級建築士事務所、2018年より一般社団法人ソトノバ共同代表理事。ストリートを主として、パブリックスペースを活用した都市再生手法に関する研究をしながら、建築やパブリックスペースの設計を行う。手がけたプロジェクトに「見えないテーブル」(2014年)「矢吹町第一区自治会館」(2016年)「パブリックライフフェスさいたま新都心2018」(2018年)など。ヌーブ(http://neuob.com/)ソトノバ( http://sotonoba.place/ )パブリックスペース活用学研究会( https://note.mu/publicspace )

list page page top