【キャンセル待ち受付中】コレクティブ・インパクト~社会課題をともに解決するプレイヤーの探し方

【キャンセル待ち受付フォーム】http://bit.ly/2AEyMs0

【注意(1/11現在)】
★申込みは締切りました。
★現在【キャンセル待ち】を受付中です。
★ご希望の方は、下記フォームよりお願いします。
★1・2回は連続受講が原則、3回目のみ単発受講を可としています。お申込みの際はお気を付けください。

--------------------------------
格差の拡大などにより、浮き彫りになる社会課題は複雑かつ多様化しつつあります。こうした問題を行政だけで解決することが難しくなった今、新たなアプローチとして「コレクティブ・インパクト」が注目されています。NPO、企業、自治体など、異なる組織が立場を超えて互いの強みを出し合いながら社会課題を解決するこのアプローチは、子ども宅食事業など、地域でも導入されています。

そこで今回は、コレクティブ・インパクトを事例ベースで学びながら、社会課題の背景要因や構造を掘り下げ、協働に必要なプレイヤーを探し、関係を築きながら解決に導く手法を学ぶ講座を開催します。

【開催概要】
・講師:長浜 洋二氏(モジョコンサルティング合同会社 代表)
・場所:協働ステーション中央(中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2F)
・対象:地域や社会の課題を解決する事業をしている個人・組織、異なる組織と協働で事業をしたい個人・組織
・定員:20名
・参加費:無料

【内容】
▼第1回 1/24(木)18:00~21:00
「コレクティブ・インパクトを学ぶ」
新しい協働のかたちと言われる「コレクティブ・インパクト」の概念や、実現に必要な要件、協働との違いなどを、国内外の事例を交えながら学びます。

▼第2回 2/9(土)13:00~17:00
「解決策と座組みをデザインする」
不登校や貧困などのテーマを設定し、コレクティブ・インパクト手法を実践的に習得します。ワークショップで、社会や地域の問題の構造を複眼的に捉えながら必要なプレイヤーを座組みし、最善の解決策を考えます。

▼【締切ました】第3回 2/19(火)18:00~21:00
「協働の土台となる関係性をつくる」
意図的に異なるプレイヤーを集めるコレクティブ・インパクト。実践には相互理解が不可欠です。第3回は、システム・コーチング手法を活用し、チームビルディングを体感するワークショップを行います。

【お申込み】
(1)~(4)のいずれかの方法でお申込みください。(2)~(4)の方法でお申込みされる方は、①お名前、②メールアドレス、③電話番号、④参加を希望する回(第3回のみ単発受講可)、⑤参加動機、⑥連携・協働のパートナー探しをするうえでの悩み・困りごと等を添えてお申込みください。

(1)申込フォーム: http://u0u0.net/NXZe ※使用不可(1/11~)
(2)お電話:03-3666-4761(月曜を除く10:00~19:00)
(3)FAX:03-3666-4762
(4)E-mail:info@kyodo-station.jp

【講師プロフィール】
長浜 洋二氏(モジョコンサルティング合同会社 代表 / 鳥取県×日本財団 地方創生プロジェクト アドバイザー / 日光CSR推進連絡会 アドバイザー / 座間市社会福祉協議会 アドバイザー)

1969年山口県生まれ。米国ピッツバーグ大学公共政策大学院卒。NTT、マツダ、富士通で約15年にわたりマーケティング業務に従事。公益組織のコンサルティングを行う株式会社PubliCoの起業を経て、協働推進、組織開発、戦略構築、コミュニケーションなど、コミュニティ、組織、個人が抱える様々な課題の解決を支援するモジョコンサルティング合同会社を設立。著書に『NPOのためのマーケティング講座』。
list page page top