いかす、つなぐ、しかもドラマチックに〜まちなかスペース活用で活動育てる新たな取組み〜十思カフェvol.88

今、東東京が熱いらしい。歴史や伝統の残る下町に若手クリエイターが集い、まちが活気を取り戻しつつあるという。その一角・小伝馬町周辺でも、次々にユニークなイベントやショップが生まれている。人が集い活動が生まれる「まちなか」を、どんなふうに面白くしていけるのか――。今回は、まちづくり会社ドラマチック代表の今村ひろゆきさんがゲスト!台東区入谷のコミュニティスペース「SOOO dramatic!」の運営や、150年の歴史ある奥浅草を巡る革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド」などを手がける今村さんと、これからのまちづくりについて考えます。

<出入り自由。遅れての参加も可能です>

【日 時】10/30(火) 19:00~21:00
【会 場】協働ステーション中央
【ゲスト】今村ひろゆき氏
    (まちづくり会社ドラマチック代表社員)
【参加費】無 料
【内 容】ゲストトークを中心とした交流ワークショップ
【申込み】下記の(1)~(3)のいずれかで協働ステーション中央までお申込みください。
(1)お申込フォーム:https://goo.gl/cfvQiJ
(2)お電話:03-3666-4761
(協働ステーション中央/月曜を除く10:00~19:00)
(3)E-mail:info@kyodo-station.jp(協働ステーション中央)

【ゲストプロフィール】
まちづくり会社ドラマチック代表。クリエイター向けアトリエ・オフィス・ショップの開発・不動産再生を行い、拠点の立つまちの資産に注目したイベントやプロジェクトを展開。一連の活動を通じて地域を耕し、ユニークな人材や活動が根づく土壌をつくる。主なプロジェクトにシェア・アトリエ「インストールの途中だビル」「reboot」、現代の公民館「SOOO dramatic!」フューチャーセンター「ならしのスタディーズ」など 。http://www.drmt.info/

【十思カフェとは】
ゲストトークを通じて地域や社会について考える月1回の交流イベント。活動のヒントを得たり、新たなつながりが生まれる場となっています。

【SDGsとの連動】
2018年度はSDGs(持続可能な開発目標)をテーマにゲストを迎えます。vol.88は《目標11:住み続けられるまちづくりを》がテーマ。

【お問合せ】協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762
E-mail:info@kyodo-station.jp
URL:http://chuo.genki365.net/
協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。
list page page top