【参加者募集】「生きづらい」は特別なことじゃない―今を生きる私たちに必要な”居場所”のあり方~十思カフェvol.84

何となく人と関わることに疲れる。
もっと頑張りたいのに、うまくいかない。

そんな漠然とした「生きづらさ」を抱え、暮らしている人が増えています。当たり前とされるイメージや役割から解放され、そのままの自分でいいと思える"居場所"を、家庭や学校、職場以外に見つけたい。

でも、それができなかったり、参加にハードルを感じたりする人も少なくありません。
リアルな繋がりが薄れた、今の時代に求められる"居場所"とは――。

そこで今回は、一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事の林恭子さんを招き、全国で延べ1,750名を動員してきた「ひきこもりUX女子会」の活動から、当事者起点の場づくりについて考えます。

◆日 時: 6/20(水)18:30~20:30
◆会 場: 協働ステーション中央
     (中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2F)
◆対 象:関心のある方ならどなたでも
◆入場料:無料
◆ゲスト:林 恭子さん(一般社団法人ひきこもりUX会議 代表理事)

◆お申込み:
以下リンクに記入または協働ステーション中央へ電話かメールで申込み
http://bit.ly/jissi-cafe-apply-84
TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762 
E-mail:info@kyodo-station.jp

【ゲストプロフィール】
一般社団法人ひきこもりUX会議 代表理事/NPO法人Node 副代表理事。高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験する。信頼できる精神科医や同じような経験をした仲間達と出会い少しずつ自分を取り戻す。現在はNPO法人に勤務しながらイベント開催や講演などの当事者活動をしている。
団体名のUXとは、「Unique eXperience(ユニーク・エクスペリエンス=固有の体験)」の意。https://uxkaigi.jp/

【SDGsと連動】
2018年度の十思カフェは<SDGs(持続可能な開発目標)>の各目標をローカライズした企画をお届けします。
今回は、<目標 11:都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする>の中から、特に<ターゲット11.7:2030年までに、女性・子ども、高齢者および障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する>を取り上げます。
list page page top