3/23(水)十思カフェ vol.57 人々のココロとカラダを温める カンタン武道で生きがいづくり

毎月一回開催している、どなたでも参加できるカフェです。地域のこと、社会のこと・・・ どんな小さなことでもお茶を飲みながらおしゃべりしませんか? 毎回、新しい「気付き」がある空間です。


3月の第57回十思カフェのテーマは


人々のココロとカラダを温めるカンタン武道で生きがいづくり


からだが動かなくなると、こころも不安になってきて、外に出て何かしようという気持ちになれなくなる――そんなことはありませんか?今回は、武道の要素を取り入れた自宅でできるカンタン体操を考案した「武道と生きがい長寿研究所」所長の大内巌児さんを迎え、こころとからだに効く武道体操を体験します。からだを壊した時に、武道歴26 年の経験を活かしこの体操を考案し、今では元気に、地域貢献を果たしています。自分にできることで何か地域貢献したい方のヒントにもなる回です。


日 時:3 23日(水)14:0016:00


会 場:協働ステーション中央(中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階)


参加費:無料


申 込:協働ステーション中央(下記の連絡先)へTEL orメール でお申込みください。


    【当日参加も可能】【途中入退場自由】


【ゲストプロフィール】
大内 巌児(武道と生きがい長寿研究所 所長)
保育園、児童館、障がい者生活実習所、居酒屋勤務等を経て、前職は区立高齢者通所介護事業所所長。退職後は保育士をしながら「武道と生きがい長寿研究所」を設立。主に男性高齢者の社会貢献活動への参加や生きがい支援を目的とした武道体操教室を開催している。今後は孤立しがちな方を対象とした訪問型パーソナルデイサービス事業を行う予定。三児のシングル父。武道歴26 年。
list page page top