【NPOサポートセンター】環境NPOマーケティング実践プログラム(締切:10/23)

協働ステーション中央登録団体のNPOサポートセンターから参加団体募集情報です。

応募締切:2013年10月23日(水)24:00必着
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
         平成25年度 リーダー・マネージャー向け
      環境NGO・NPO活動推進レベルアップ実践研修(東日本) 
            >>> 参加者募集 <<<

     成果を出す組織に変わる「環境NPOマーケティング実践プログラム」
──────────────────────────────────────
主催:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
運営:(特活)NPOサポートセンター
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


★応募要項:http://goo.gl/BWwR9U   ★応募フォーム:http://goo.gl/v55kvm
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆1.プログラムの特徴
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
環境問題に取り組む民間団体(NGO・NPO 等)のリーダー、マネージャー等を対象とし、
組織が抱える資金獲得・広報戦略の課題解決を目指す研修を開催します。

「マーケティング志向」を修得することで、自団体の様々な場面(事業企画、
顧客対応、広報など)において、データの活用、顧客目線での思考などに基づいて
行動が変化し、団体の継続的な成長につながります。

さらに、チームビルディングの要素を盛り込んでいるため、組織の実行力、
メンバーのリーダシップが高まります。複数メンバーでの参加も大歓迎です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃テーマ毎にワークショップや課題提出を設けるアウトプット重視のカリキュラム ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○こんな団体に最適なプログラムです。
───────────────────────────────────
●安定した運営をめざし、本気で事業の見直しを検討している
●会員・ボランティアなど、事業を支える支援者を増やしたい
●寄付金のプロモーションやメニューの見直しを検討している
●利用者の拡大をどのようにしたらよいか悩んでいる...等。


○NPOマーケティングがテーマの実践型カリキュラム
───────────────────────────────────
 6年間の実績を持つ「NPOマーケティングプログラム」を、今回のプログラム
 版にアレンジし、自団体の課題に向き合い、チャレンジする実践型のカリ
 キュラムを提供します。取り組む課題は、寄付や会員・ボランティアなどの
 支援獲得、サービスの認知向上・利用者拡大、協働事業の構築など参加者が 
 自由に設定できます。


○多様な領域のリーダーとのネットワークの提供
───────────────────────────────────
 現場体験・実習先は環境団体だけでなく、国際協力や福祉など多様な
 活動領域で活躍する団体を提供。規模も大手NPO・NGOから、スタート
 アップ(起業家)NPO・NGOもそろえています。2000年より様々なNPO・NGOに
 インターンの受入プログラムを提供してきた当団体のノウハウを活用し、
 参加者と受入先の双方の成長につながるプログラムを提供します。


○専門性の高い事務局サポート体制
───────────────────────────────────
 年間200講座以上の研修開催実績や、10年以上インターンシップ実施に
 もとづくコーディネート力、NPOキャリアに関する専門性を備えた事務局
 体制でサポートします。参加者の多種多様なニーズに、研修講師、NPO支援
 専門家、プロボノなどの多彩な人材でサポートする体制を用意しています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆2.プログラムのスケジュール
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

○プログラムの流れ
───────────────────────────────────

  1. 応  募:自団体の解決したい課題をもとに応募書類を提出。
        (応募多数の場合は、書類選考を行います。)
         ■申込みフォーム: http://goo.gl/v55kvm


  2. 研  修:全4回の集合研修に参加することで、マーケティング志向を
        獲得します。企画を実行計画へ落とし込み、実際に施策を実行し、
        PDCAサイクルを回していきます。

  3. 現場実習:3日間以上、資金獲得・広報戦略でNPOマーケティング導入を
        実践する団体にて、実習参加。(期間:11月上旬~12月上旬)



○プログラムのスケジュール
───────────────────────────────────

◆集合研修(全6日間)

  第1回【合宿】10月26日(土)10:00 ~ 10月27日(日)17:00

  第2回 11月9日(土)10:00~17:00

  第3回 12月7日(土)10:00~17:00
      12月8日(日)10:00~17:00

  第4回:2014年1月25日(土)13:00~17:00


◆現場体験(11月上旬~12月上旬)
  ・国際協力、教育、福祉など他分野を含めたNPOで学びます。
  ・実習先の企画サポートや課題をマーケティング視点で提案。
   自団体の企画のブラッシュアップも図る。
  ・期間中で、3日間以上。(具体的な日時は個別調整)

※原則として「全日程参加」の団体を優先しますが、全日程参加が
 難しい場合は事務局にご相談ください。


【研修会場】

 NPOサポートセンター市ヶ谷(東京都新宿区市谷田町2-7-15 近代科学社ビル2F)
 JR「市ヶ谷駅」徒歩7分
 東京メトロ南北線・有楽町線「市ヶ谷駅」徒歩3分
 地図: http://g.co/maps/cfxm3


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆3.応募要項
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
詳細PDF: http://www.npo-sc.org/PDFs/ecoleaders.pdf


○参加対象者
───────────────────────────────────
 以下の条件に該当する非営利団体(NPO法人、任意団体、財団法人、
 社団法人など)のスタッフが対象となります。なお、本プログラムの
 発表資料等の成果物は、原則として、報告書やホームページなどで
 公表させていただきます。

【1】環境活動に取り組み活動従事経験が3年以上、もしくはプロジェクト
   マネージャー経験者など同等の実績・経験等を有し、現在、組織運営等
   について課題意識をもっている方。 

【2】チーム(2人以上)で参加できるNPO・NGOを優先します。


◇参加定員数:10名(応募者多数の場合には選考いたします)

◇参 加 費:1人当たり:1,000円
   ※合宿(10/26,10/27)費用については実費(5,000円/人)の宿泊費が別途必要

◇その他補助費:「現場体験」で発生した昼食代と交通費の実費分を支給します。
        ・昼食代は、上限1,000円/日:最大7日分まで支給。
        ・交通費は、片道上限1,500円/日:最大7日分まで支給。


○応募方法(2013年10月23日(水)24:00必着)
───────────────────────────────────

◇申込みフォームにて、以下の案内に沿ってご応募ください。
 24時間以内に事務局からメール到着確認のご連絡をいたします。

 1.申込みフォームにアクセスください。
   http://goo.gl/v55kvm

 2.申込みフォームでは以下の項目をお伺いします。
   (1)団体名
   (2)「解決したい課題」と「アプローチしたいターゲット」
   (3)課題の背景
   (4)課題解決によって、生み出される団体の変化と社会への波及効果
   (5)プロジェクト実施体制(参加者名)
   (6)連絡先(電話・FAX・E-mail)

◇応募先・お問合せ先
 (特活)NPOサポートセンター(担当:田邊、笠原)
  〒104-0061東京都中央区銀座8-12-11 第2サンビル
  TEL:03-3547-3206
  E-mail:info@npo-sc.org

◇応募締め切り:2013年10月23日(水)24:00


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆4.講師紹介 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

○プログラム講師
───────────────────────────────────

◇松本 祐一氏(多摩大学総合研究所 教授)
  1972年生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究修士課程終了。
  多摩大学大学院経営情報学研究科修士課程修了。学生時代より、NPO・NGOの
  運営に携わる。マーケティング会社で、食品、飲料メーカーの商品開発の
  ためのリサーチ、IT企業の市場開発などに従事。2006年より現職。
  地域経営を専門とし、多摩大学、多摩大学院にて教鞭を振るう。学問の
  バックグラウンドは、社会学、戦略論、消費者行動論、マーケティング。
  NPO・NGOなどの非営利組織を対象した、マーケティングやチーム
  ビルディングなど多数の研修講師を務める。

◇古瀬 繁範氏(NPO法人地球と未来の環境基金理事長・事務局長)
  1963年1月 広島県生まれ。大学卒業後、翻訳会社、(社)日本ブラジル
  交流協会サンパウロ事務局、南米銀行広報部での勤務を経たのち、
  92年 環境NGO「日本リサイクル運動市民の会」入会。エコグッズの販促・
  営業、非木材紙事業の開発(原料輸入、営業、販促など)、総務人事を担当。
  00年 NPO法人地球と未来の環境基金設立に参画、現在同理事長・事務局長。
  中小企業やNPO法人、社団・財団法人等のCSRや経営の指導など行う。中小企業診断士。

◇田邊 健史氏 (特定非営利活動法人 NPOサポートセンター 事務局次長)
  学生時代よりNPO法人エコ・リーグなどをはじめとする学内外の7団体の
  環境問題解決に向けた活動に従事。2008年から実施している「NPOマーケ
  ティングプログラム」では、GEIC(現:GEOC)、地球と未来の環境基金、
  Birth、FoE Japanなど環境団体の支援に従事。NPOマーケティング導入を
  はじめとし、年間100件を超える、NPO団体の運営相談を担う。


●NPOサポートセンターについて
………………………………………………………………………………………………………
NPOサポートセンターは日本最初の民設民営のNPO支援組織として誕生して
以来、アドボカシーと人材育成を活動の柱として、NPOによる新しい社会
システムの構築を目指して活動を続けています。
http://www.npo-sc.org/


●地球環境基金について
………………………………………………………………………………………………………
「地球環境基金」は、国内外の民間団体(NGO・NPO)が行う環境保全活動
への資金の助成や人材育成、情報提供等の支援を行っています。
http://www.erca.go.jp/jfge/index.html


●お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■平成25年度 リーダー・マネージャー向け 環境NGO・NPO活動推進レベルアップ実践研修(東日本)
事務局:(特活)NPOサポートセンター 担当:田邊、笠原
http://www.npo-sc.org/
〒104-0061 東京都中央区銀座8-12-11 第2サンビル
TEL:03-3547-3206 E-mail:info@npo-sc.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
list page page top